露・戦略爆撃機4機編隊、北米接近でF22ステルス戦闘機、緊急発進


2014年6月13日(JST.09:20)                         Aaron Terruli

露戦略爆撃機4機編隊が、北米に接近、米空軍のステルス戦闘機『ラプター』が緊急発進したことが明らかになった。6月12日までに米有力メディアが報じ、米国防総省の担当報道官も事実を認めた。露・戦略爆撃機接近に伴う米空軍のスクランブルは、2007年以来。

米三大TVネットワーク,ABCによれば、露・戦略爆撃機4機編隊の北米接近の事案が発生したのは6月9日。空中給油機を従えたトゥポレフTu95H『ベア』の編隊がまずアラスカ州西岸に接近した。NORAD(北米防空司令部)はエレメンドルフ基地のF22『ラプター』にすかさず緊急発進を命じた。

露軍機の編隊は、その後2機が進路を西方に転換、ロシア方面に離脱。残り2機が爆撃訓練を試みながら、南下飛行を継続。同日午後、北カリフォルニア沖で米国のADIZ(防空識別圏)に侵入したため、今度は西海岸で待機中のF15『イーグル』戦闘機がスクランブル行動に出る騒ぎとなった。

北米大陸の防空識別圏(ADIZ)は陸地から200マイル(約360㌔)いない。領空侵犯には至らなかったという。ペンタゴン関係者は露側の行動が『バルト海でのNATO軍の軍事演習へのカウンターパンチの一種』と分析している。

米軍機が北米に接近する国籍不明機に対し緊急発進の件数は過去5年間で50件だった。

c22-610-95

[(Boeing)北カリフォルニア沖で露軍機への緊急発進を下F15"イーグル"の同型機]

050608-F-2295B-999.JPG

[(US AIR FORCE)アラスカ沖で露軍機の編隊の警戒監視に向かった無敵のステルス戦闘機F22型の同型機]

1024px-RAF_Tyhoon_Russian_Intercept

[(UK Ministry of Defense)英空軍"タイフーン"戦闘機のスクランブルを受けた露・戦略爆撃機トゥポレフTu95H"ベア"]