Monthly Archives: 2月 2017

超低温の恒星「トラピストー1」と地球に似たその惑星群

5_lineup_pia21422-png

太陽から比較的近い39.5光年の距離で、水瓶座(Aquarious)にある超低温の恒星「トラピストー1」(Trappist-1) と、その惑星7個が発見された。いずれも岩石質で、水が存在し大気があるらしい。そしてその内3個は生命存在可能範囲(habitable zone) にあると信じられている。

F-35戦闘機“Red Flag”演習に初参加、期待通りの成果を達成

Hill fighter wings first to bring F-35A to Red Flag

今年は”RED FLAG 17-1”として1月23日-2月10日の3週間実施された。今回は、これまでにない規模の、対空ミサイル(SAM)、レーダー妨害装置、多数の敵空軍機「赤 (Red Force)」が準備され、友軍「青 (Blue Force)」パイロットに大きな負荷が加わるように設定された。

「クラトス」社開発の無人攻撃機、2018年完成を目指す

qx-222-rotator

「クラトス」社は、射撃訓練用の無人標的機を国防総省に納めているが、最近は無人攻撃機「XQ-222」の開発に取組んでいる。無人攻撃機は有人機に比べ格段に安くでき、国防総省のデジタル時代の核心技術“第3の戦略手段 (Third Offset Strategy)” の考えに沿った装備といえる。

スペースX社、「ファルコン9」で次世代通信衛星10基を打上げ、1段目の回収にも成功

イリジウム打ち上げ

電気自動車「テスラ(Tesla)」の開発でも名を知られる「スペースX(Space X)社」のイーロン・マスク(Elon Musk) 社長は、昨年9月の「ファルコン9 (Falcon 9)」の打上げ失敗を克服して、再びビジネスを再開した。今年1月14日(東部標準時)に、タレス・アレニア社とオービタルATK社が共同開発した次世代通信衛星「イリジウム (iridium) NEXT」を打上げ、低地球周回軌道(LEO)に乗せることに成功した。

ミサイル防衛の近況

STSS-D衛星

北朝鮮の相次ぐミサイル発射実験と中国のロケット軍(一昨年まで第二砲兵軍と呼称)の大規模な増強に世界の注目が集まっている。現在ロシアと中国など西側諸国と対立する国々は6,300発の弾道ミサイルを保有しているが、2020年までに8,000発に増えると見られている。

人間はAI(人工知能)を使いこなせるのか

 AI(人工知能)が自ら学習しながら進化していく「深層学習(ディープラーニング)」が急速に進歩した結果、チェスより複雑な囲碁でトップクラスの棋士に勝てるようになった。囲碁の世界だけではない。いまやAIは医療、交通、エネルギー、教育、文芸といった人類の生活すべてに大きな変化をもたらそうとしている。