Monthly Archives: 10月 2016

防衛省、弾道ミサイル防衛(BMD)計画の前倒し実施へ

p1651189

北朝鮮は今年(2016)に入って潜水艦発射型弾道ミサイルSLBMを含め、我国を射程内に収める各種弾道ミサイルをすでに24発以上発射している。10月17日付けの産経新聞およびロイター通信は、この事態を受けて防衛省は平成28年度第3次補正予算に、ミサイル防衛(MD)装備の強化のため2,500億円規模を要求する方向で検討中、と報じた。

三菱MRJ90、米国で試験飛行開始、2018年ANA引渡し予定は堅持

%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%82%b9%e5%88%b0%e7%9d%80%e3%81%aemrj

10月3日午前、三菱航空機は親会社の三菱重工業とともに「現時点で納期変更を決定した事実はない」との声明を発表。
さらに10月14日「2016年国際航空宇宙展」で、森本浩道三菱航空機社長は「MRJの2018年納入計画は堅持する」と述べ、この発表を再確認した。

日本の次期戦闘機”F-3”の開発構想固まる

f-3%e3%81%ae%e6%ac%a1%e4%b8%96%e4%bb%a3%e6%8a%80%e8%a1%93%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

技術研究本部が数年前に発表した“将来戦闘機に関する研究開発ビジョン”と題する論文がある。内容は「ロシア、中国で増勢が著しい戦闘機と開発中のステルス戦闘機の脅威に対抗するため、我国が開発配備すべき新戦闘機の構想」が示されている。これが次期戦闘機”F-3″のベースになっている。

空自、有人戦闘機と無人機の混成部隊が2030年代に実現

f-3%e3%81%ae%e6%a6%82%e5%bf%b5%e8%a8%ad%e8%a8%88

人工頭脳を使って戦闘機の空中戦をコントロールするのは、対地攻撃を行うよりかなり難しい。このため多くの国では、戦闘機への人工頭脳の適用は対地攻撃に絞って開発を続けている。

しかし日本は、これを越えロボット技術を使う高性能な無人戦闘機の研究に取り組んでいる。有人戦闘機のパイロットが列機(随伴機)として無人機を伴い戦闘に使おうと云う構想である。

はしか対策 予防接種を正しく理解して感染なくそう

大阪府の関西国際空港で集団感染が起きるなど「はしか」の感染が続いている。国立感染症研究所によると、9月11日までに報告された患者数は計115人で、昨年の患者数の3倍を超える。

 9年前にも若者の間で大流行し、大学や高校が相次いで休校する騒ぎがあった。

03式中距離地対空誘導弾(改)、配備がスタート

%e4%b8%adsam%e6%94%b9%e7%99%ba%e5%b0%84

2016年9月9日から17日にかけて、開発中の陸上自衛隊「03式中距離誘導弾(改)」、略称「中SAM改」の運用試験/演習が今年も米国で行われた。今年は米民間企業ドラケン・インターナショナルが攻撃軍として参加・協力した。「中SAM改」の最初の一個中隊はH29年度に配備する予定でようやく同年度要求予算に177億円が計上された。