エアバス、『ファーンボロー国際航空ショー』で史上最高の成約。496機(750億㌦)の受注


1280_1405603512_end_of_show__Press_Conference_-_Bregier_-_Leahy-007 [(AIRBUS)"ファーンボロー国際航空ショー"最高の受注に喜ぶエアバス首脳] A330-900neo_RR_AIB_02_ [(AIRBUS)ボーイングを打ち負かす原動力となったA330-900neo] 2014年7月20日(JST.23:50)                      John Bosnitch  エアバスが、『ファーンボロー国際航空ショー』で大戦果を挙げた。同社は7月20日までに、成約額は496機(公表機体価格換算、750億㌦)に達したという。同航空ショー史上、最高の契約額だった。ライバル、ボーイングの201機の受注(同、402億㌦)を完璧に打ち破った。牽引車は、新たに開発が決定した省エネエンジン搭載のA330neoの登場。2通路旅客機、成約の大宗を占め、対ボーイング機への競争力を誇示した。 エアバスによると、2通路旅客機の受注総数はコミットメントを含め、133機。うち開発が『ファーンボロー国際航空ショー』で、公表されたA330neo型機は121機のコミットメントを獲得。有力航空機リース企業幹部は『この先、1,000機以上の潜在需要が見込める』と太鼓判を押した。 A330neoにコミットメント契約したのは、『Air Asia X』が50機。同社はアジア最大のLCC(格安航空企業)。ロシアの『TRANSAERO』が12機、アジアの航空企業(社名は非公表)が4機、それぞれ契約した。リース航空企業の『Air Lease Corporation』、『AVOLON』、『CIT group』から合計55機の発注があったという。 単通路機は次世代省エネエンジン搭載のA320neoファミリー型の圧倒的人気で、363機を受注した。 ———————————————————————————————————————— ☆   『露の有力航空企業、トランスアエロがA330neoを含むA330型ファミリー、 20機購入で、エアバスと合意。』                                                                                      2014年7月18日(JST.20:50)                              John Bosnitch                                               エアバスと露の有力航空企業、トランスアエロ航空がA330neoを含むA330型ファミリー 、20機購入で合意書に調印した。同行空はA330neoのローンチカスタマーに選ばれた。 両社の合意ではA330neoを12機、A330ceoを8機それぞれ購入するという。同航空は2015年から初のA321型機の運航を開始、エアバスファミリーに迎えられた。同時にA380型機の就航を露航空界で初めて実現する。 トランスアエロ航空は1991年創立。年々、業態を拡大、内外で200路線以上で運航中。 A330-300_TSO_ [(AIRBUS)トランスアエロ航空が導入を決めたA330neo型機]

———————————————————————————————————————–                                                                                                                                                     ☆『アジアの新興大手LCC、”エアアジアX”がエアバスA330neo型機、50機購入で覚

書』 2014年7月18日(JST.21:30)                               John Bosnitch アジアの新興大手LCC(格安航空会社)『エアアジアX』が7月17日、エアバスとA330neo型機50機購入の覚書(MOU)に調印した。同航空は同型機のローンチカスタマーに選ばれた。 エアアジアXが購入するのはA330-900neo。エアアジアグループは既にエアバス機、536機を発注。今回のA330neo型機50機導入で、エアバスファミリーでの存在感がいっそう高まる。 運航開始は2018年を予定している。 A330-900neo_RR_Air Asia X_02_ [(AIRBUS)エアアジアXが導入を決めたエアバスA330-900neo型機]