ボーイング、中国・海南(ハイナン)航空のパイロット訓練支援


2014年3月6日      テルリ・エアラン

?????????????????????????

 

[(Boeing )ボーイングの関連企業、フライト・サービス、シンガポールキャンパスのB787フル-フライト・シュミレーター]

Hainan+PRN-med

[(Boeing)海南航空が10機導入するB787"ドリームライナー"]

ボーイング、中国の海南航空はパイロットの訓練で 支援する協定に調印した。同日ボ社が発表した。協定期間は5年。同航空が導入したb787『ドリームライナー』のパイロット育成訓練への対応が目的。

訓練はボーイング民間航空機部門の関連企業、ボーイング・フライト・サービスが担当する。両社はすでにB737NG 、B757、B787型機のパイロット訓練でボーイング上海、シンガポールの訓練施設を利用する契約を結んでいるが、今回、契約内容延長する事で合意した。

ボーイングのパイロット、航空関連技術者の需要予測で向こう20年間にアジア・太平洋地区でパイロットが192,300人、技術者が215,300人必要と見積もられている。協定改定の背景はこうした情勢判断がある。

海南航空は北京ー北米空路への投入等でB787型機10機を発注、昨年7月同社への初号機を受領した。