ボーイング、中国の『9 Air』とB737MAXなど50機を成約。


2014年5月14日(JST.17:30)                    Aaron Terruli

ボーイングは5月13日、中国で誕生したばかりの『9 Air』とB737MAX型、などB737型ファミリー50機のコミットメントを結んだとことを確認した。同航空は格安航空企業(LCC)で中国市場でボーイングの最新の顧客。

成約した内容は明らかではないが、B737NGとB737MAX.型、合計50機。

K65946_med

[(Boeing)B737MAXの完成想像図]

これとは別にボーイングは、5月13日。有力航空機リース企業『ILFC』が発注したB787『ドリームライナー』のリース先に、北伊の有力旅行企業の関連チャーター会社、『Neos』と合意したと発表した。『Neos』はミラノ空港が」拠点。現在B737-800型、6機とB767-300ER型、2機を使用している。B787型導入で、アフリカ、アジア、カリブ海地中海方面への集客拡大に繋がると見ている。

『Neos』は2001年設立。ミラノを中心にチャーター客争奪戦で圧倒的存在。

K66124_sm

[(Boeing)ILFCから"Neos"へのリースが決まったB787型機]