次世代ステルス戦闘機、F35『ライトニングⅡ』が英航空ショーで一般公開


2014年6月22日(JST.09:50)                                        John Bosnitch

次世代ステルス統合戦闘機、F35『ライトニングⅡ』が英国際航空ショーで一般公開飛行を行う。機体価格高騰、ステルス性能不足など批判は耐えないが、21世紀前半の欧米を中心にした空、海の主力機の座を明け渡す事は無い。英国防省は建造中の次期空母『クィー・エリザベス』(65,000㌧)、『プリンス・オブ・ウェールズ』(同)艦載機として空海軍統合部隊用に14機の発注を決定している。

f-35bonusswasp(700x510)__main

[(Lockheed Martin、Royal Navy)空母搭載の垂直離着陸機、"ライトニングⅡB"]

63e6b6b851774126a5b748820e9172b9-0x0

[(LOCKHEED MARTIN,Royal Navy)英空母"プリンス・オブ・ウェールズ"の完成予想CG]

ロンドン郊外、ファーンボロー空港で開催する国際航空ショーはパリと並び、歴史と伝統に包まれている。同航空ショーで一般公開飛行を行うのは新鋭機の檜舞台へのデビューと技術の成果を世界にPRする場。製造メーカーに取って、名誉あるチャンスだ。

uk_f35b_(700x510)__main

[(LOCKHEED MARTIN)空母搭載のF35"ライトニングⅡB"のテスト飛行風景]

f-35c_cf-3(700x510)__main

[(LOCKHEED MARTIN、US AIR FORCE]実戦配備中の米空軍向けF35ステルス戦闘攻撃機]

ファーンボローの国際航空ショーは7月19日、オープニング・デーを迎えるが一般飛行公開予定機のうちロッキード・マーチンF35『ライトニング Ⅱ』がマスコミの話題の的となる。英国のテスト・パイロットで同型機の開発に参加したジム・スコフィールド氏は『英国民がF35はなんぞや』と知るまたとない機会という。