ボーイング、B737MAX型母体のビジネス専用機(BBJ)開発決定


full-1

 

[(Boeing)ボーイングが開発に"ゴー"をかけたBBJMAX8、ビジネス専用ジェット機]                                                                                                    ]

full-2

 

[(Boeing)同上]

2014年4月3日(JST.10:00)                      Aaron Terruli

ボーイングが次世代省エネエンジンを搭載したB737MAXを母体に、ビジネス専用ジェット機開発を決めた。同社は4月2日、『BBJMAX8』型、1機の発注を受けた事を明らかにした。BBJでは-8に続き、-9開発にも乗り出しBBJMAXシリーズのラインアップを広げ、市場のニーズに応える。

ボーイングによると今回確定発注を受けたB737MAX型のビジネス専用機は、-8が母体。無着陸の航続距離が10,482㌔に延伸。客室も胴体のストレッチで大きくなる。搭載エンジンはCFMインターナショナルLEAP-1Bを搭載し、燃費が既存の省エネ機に比べ14%改善する。引き渡しは2018年。発注先は公表しない。

B737MAX型機の開発は順調で2016年に初飛行。翌17年に航空会社で運航を始める。