カナダ空軍、先進型輸送ヘリ、CH147『チヌーク』15機目を受領


CH-47+266375-032_med

[(Boeing)カナダ空軍が受領した15機目のボーイングCH147"チヌーク"]

2014年7月3日(JST.10:50)                        Aaron Terruli

ボーイングはカナダ空軍向けの先進型輸送ヘリCH147『チヌーク』を引き渡した。契約の最終号機に当たる。

ボーイングの発表だと先進型輸送ヘリCH147『チヌーク』標準型に比較、航続距離が2倍に延伸。胴体素材の変更での軽量化、燃料搭載量増が寄与しているという。電気システムの取り替え、追加パワーで飛行安全性能は一層、冗長性が出てきた。

操縦室関連では、統合アビオニクスシステムへの切り替えで、デジタル機能が進化し、戦場等での状況把握、パイロットの仕事量の緩和に繋がった。赤外線による地対空ミサイル探知機能も有し、操縦士の防御力が改善されたという。

同型機は、有事の際、重量物輸送、負傷兵等の収容、人動支援活動分野ーの多目的使用能力が加った。