ボーイング、向こう20年間の新造機需要を36,770機(5兆2,000億㌦相当)と予測。昨年の予測より4.2%増の上方修正


INFOGRAPHIC+CMO2014+no+logo_med

[(Boeing)ボーイングの最新市場予測の概要]

2014年7月11日(JST.00:40)                                Aaron Terruli

ボーイングは7月10日、恒例の市場予測(CURRENT MARKET OUTLOOK)、2014年版を発表した。来週、スタートするロンドン郊外・ファーンボローでの世界最大の国際航空ショー開催に照準を合わせた。それによると向こう20年間の新造機需要予測は36,770機に達するという。金額ベースで5兆2,000億㌦と天文学的数字。昨年のCMO予測に比べ4.2%の上方修正。パイロット、整備士等航空専門職の世界的養成体制構築が喫緊の対策だ。

K66137-10_med

[(Boeing)ボーイング広胴型、主力機のB777-Xシリーズ]

787_10_med

[(Boeing)次世代省エネ広胴機、B787型の切り札となる-10派生型]

747-8I First Flight K65204-01

[(Boeing)向こう20年先迄"成層圏の覇者"として生き残りを策すB747-8i]