航空と宇宙

ボーイング777 X が初飛行、これから証明取得の試験飛行へ

スクリーンショット 2020-01-28 14.07.44

悪天候で2日遅れたが、1月25日にボーイングは業績回復の期待を込めて開発した最新型の長距離広胴型機 777 Xの初飛行を行った。これからFAAの型式証明取得のための試験飛行が始まる。[777-9]型の1号機 [WH001]が工場に隣接する空港・ペイン・フィールドを午前10時9分に離陸。そして3時間51分の飛行の後、再びペイン・フィールドに着陸した。(After two days of delays due to bad weather Boeing’s 777X, the company’s new long range widebody jet, successfully completed its initial test flight on Jan. 25. The 777-9 took off Paine Field at 10:09 and landed back after 3 hr. 51 min. The plane marks the start of an intense certification campaign. The following is a news story based on the articles of The Seattle Times by Dominic Gates and Aviation Week Network by Guy Norris.)

ボーイング737 MAXの飛行再開は6月以降にずれ込む?

Boeing-737-MAX-8-759x500

ボーイングは1月21日に「現在飛行停止中の737 MAXの飛行再開は、予想から3ヶ月遅れ今年中頃になる」と発表した。飛行停止は今回の発表で15ヶ月以上になる。続けて「737 MAXの顧客、部品供給のサプライヤー、一般の航空機利用客、に多大の迷惑をかけていることをお詫びする」と述べた。(Boeing now projects the 737 MAX won’t get FAA clearance to fly until midyear, about three months further out than previously expected, in a delay that could stretch the plane’s grounding to more than 15 months. Boeing says “We acknowledge and regret the continued difficulties that the grounding of the 737 MAX has presented to our customers, our regulators, our suppliers and the flying public.”)

LiDARの開発と応用 (第1回)

コウモリ飛行

LiDARは光を用いたリモートセンシング技術の一つ。パルス状に発光するレーザー照射に対する散乱光を測定し、目標までの距離やその性質を分析する装置。近年自動運転に必須の技術として注目されている。(LiDAR is one of remote-sensing technologies applying optics. LiDAR may measure the reflected or scattered light from the objects by emitting pulsed laser light to them so that it detects the distance to the said objects and characteristics. LiDAR has been drawn attention as one of the indispensable technologies for Automatic Driving Aid System .)

NASAの航空機搭載赤外線宇宙望遠鏡 [SOFIA]、銀河中心部を撮影

sofiaoversierra

[SOFIA] は、旅客機747SPを成層圏赤外線天文台)」に改造したもので、2007年末から成層圏を飛行しながら赤外線望遠鏡で天体を観測している。搭載する望遠鏡は口径2.7 m の反射望遠鏡。(The SOFIA flying telescope has captured a new panoramic image of the center of our galaxy, the Milky Way. The image shows a region more than 600 light-years across, revealing unprecedented details within the center’s dense of gas and dust.)

2019年における民間航空の話題

デルタa220

エビエーション・ウイーク誌のグラハム・ワーウイック 氏が同誌AsiaDigest上で選んだ2019年における民間航空業界の話題を紹介する。エアバスA220の米国内線就航から737MAXの飛行停止、エアバスA380の生産終了など12件。同氏は航空宇宙、防衛に関わる重要記事を統括する立場にあり自らも作成し、関係する技術・学術に精通し、主筆とも言うべき存在。(Aviation Week’s Graham Warwick has selected the main events in commercial aviation in 2019, from the Airbus A220’s U.S. debut to the Boeing 737 MAX grounding and the end of the Airbus A380. Graham leads the Aviation Week covering the all fields of aviation, aerospace and defense, with unparalleled engineering and technological knowledges. )

令和元年12月、中露両軍の我が国周辺での活動

12-16 ルーヤンIII 155

令和元年12月、我が国周辺での中露両軍の活動は依然続いている。統合幕僚監部が公表したのは次の4件。別に注目すべきニュースとして、「尖閣諸島周辺での中国海警局艦艇の活動が活発化」および「12月末にロシア・イラン・中国3ヶ国海軍が中東オーマン湾で合同演習を実施」の2つがあるので追加する。(According to the Japan’s MOD Joint Stuff, Russian and Chinese Forces movement around the Japanese Islands were kept active during December, 2019. Four reports have released. In addition, Chinese Coastguard warships penetrates Japan’s territorial water space around Senkaku-islands repeatedly, and Chinese, Russian and Iranian conducted a four-day naval exercise in the Gulf of Oman.)

我国の「次期戦闘機」と英国が開発中の「テンペスト」との関係

japan_next_generation_fighter-japan_defense_ministry

防衛省は令和2年度予算要求で、次期戦闘機の開発開始の承認を求めている。承認されれば、国際協力で開発を進め、2030年代から配備を開始したい考え。これまで「将来戦闘機」と呼んでいたが、令和2年度予算案では「次期戦闘機」と呼称を改め、開発への第一歩を踏み出した。(The Japanese defense ministry has published a new design for the country’s next fighter, suggesting an even greater emphasis on range and payload the before)

北米地区における小型ビジネス機の売上げ予想 2020年・2029年

{afc2d4ce-5c93-4625-8d1e-d3984463e129}_bizav-monday-data-snapshot-5

外誌の予測では2020 – 2029年における世界のビジネス機の売上高は2,000億ドルを超え、大半は北米地区が占める。北米では2020年には392機が引き渡される予定。2029年末までの売上げ機数の合計の62 %は、上位5機種で占める。(Taken from Aviation Week’s 2020 Fleet & MRO Forecast, business aircraft deliveries between 2020 – 2029 will reach a retail value of over $200 billion, with the highest retail values expected in North America. Deliveries are expected to 392 aircraft in North America by the end of 2020. The top 5 aircraft deliveries account for a combined 62% of the new aircraft entering the North American market in 2029)

令和元年11月、我国周辺における中露両軍の活動

11-18 中国空母

令和元年11月、我国周辺での中露両軍の活動は、先月に比べ減ってはいるものの続いている。防衛省統合幕僚監部が特異事象として公表したのは次の4件。これとは別に、注目すべきニュースが2件あったので追加する。すなわち、11月17日に中國海軍の新造空母が台湾海峡を通過・南シナ海に向け航行した件、もう一件は、11月11日〜21日、日本周辺の海域で日本、米国、オーストラリア、カナダ4カ国の海軍によって行われた合同演習[ANNUALEX 2019]である。

ボーイング777X、耐久試験中に後部胴体が破断

11262019_boeing_130001-1560x2055

シアトル・タイムス2019年11月27日紙上で、著名なエアロスペース・リポーターのドミニク・ゲイツ(Dominic Gates)氏が明らかにしたところによると、ボーイングが開発中の大型広胴型機777Xで、機体構造の強度を確認するために高荷重を掛けて耐久試験を行っていたところ、胴体が破断したと報じた。(According the Seattle Times dated Nov. 27, 2019 by Dominic Gates. Says Boeing got a jolt in September when they put the new 777X airframe through an extreme load test of its structural strength. When the test approached its target stress level, an explosive tore through its fuselage.)