航空と宇宙

米国防総省、中国の軍備拡張に対抗し、対艦ミサイルの増強を急ぐ/New US Defense Strategy realizes Demand for Anti-ship Weapons again

LRASM-test-May2018

従来米軍の基本戦略は、海上から敵の陸上目標を攻撃することを主眼にしてきたが、近年の中国軍、特に海軍の増強が急速に進んでいるのを受けて、対艦攻撃に重点を置くようになってきた。現在次の2項に取組んでいる;— 空軍の爆撃機と海軍の戦闘攻撃機に対艦ミサイルの配備促進。海軍艦艇に搭載中の対艦ミサイルを新型に更新。(For past three decades, U.S. military focused on attacking targets on land from the sea. But a surge of Chinese investment in offensive naval capabilities has inspired a new strategy, “sinking ships”. USAF bomber and Navy fighters deploy anti-ship missile, and the Navy is rushing several new type anti-ship missiles to its surface ship.)

英国のベンチャー企業「オーベックス」、最新技術の打上げロケットを開発/UK-Danish Orbex’s “Prime” Launching Rocket Combines Innovations

orbex-engine-2

英国・デンマーク共同のベンチャー企業“オーベックス” は、スコットランドの”フォレス(Forres, Scotland)“でロケット組立工場を兼ねた本社の開設式を行なった(2019-02-07) 。席上、開発中の小型衛星打上げ用ロケット「プライム」に装備する革新的エンジンについて発表した。このエンジンは、これまでの技術の延長上にあるのではなく、製造方法、システム構成、使用燃料、の3点で最も効率の高い組合せを追求して作られる。(UK-Danish startup enterprise “Orbex” open its UK headquarters and manufacturing facility in Forres, Scotland. Executive of the company unveiling Prime’s second stage, say “the rocket is a combination of new production techniques, system architecture and fuels, resulting to achieve highly efficient launch vehicle.”)

超音速機、「ブーム」と「エイリオン」両社で開発が進む/Boom, Aerion taking different approaches to Supersonic Passenger Aircraft

Overture上面

“ブーム”と“エイリオン”は、2020年代中頃までに超音速輸送を実現すべく研究を進めている。前者はエアラインのビジネスクラス需要を取り込む55席級の旅客機、後者は高級ビジネス機として大企業や政府機関などへの販売を目指している。昨年11月ワシントンの英国大使館で、王立航空協会(Royal Aeronautical Sociaty)主催の“The Economics of Supersonic (超音速輸送の経済性)”と題する講演会で両社代表は、超音速旅行の復活に際し「需要機数の見通し」、「運賃の予測」、「技術上の要件」などについて考えを述べた。(Boom and Aerion are taking different paths to make civil supersonic jet travel a reality again by mid 2020s. Boom is focused on commercial airliner carrying 55-seat of business class passenger and Aerion is relying on the wealthy business aviation market. Representatives of both companies made presentations on the Royal Aeronautical Society’s “The Economics of Supersonic” event, at the UK Embassy in Washington DC.)

“ロングビュー・エビエーション”、カナダ航空機産業に本格参入/Longview Aviation will continue the Dash 8 Q400 Program

twin-otter

カナダの航空機メーカー ”ボンバルデイア(Bombardier)“は鉄道車両と航空機メーカーとして著名な企業だが、最近航空機部門を縮小、合理化を進めている。すなわち、狭胴型機”CSeries” をエアバスへ、ターボプロップ機”Dash 8 “を”ロングビュー・エビエーション/バイキング・エア” へそれぞれ譲渡し、リージョナル機”CRJ”系列機と高級ビジネス機”グローバル7500”へ集約しつつある。(Aerospace giant Bombardier cuts 5,000 jobs worldwide over the next 12 to 18 months. The struggling plane and train maker will sell its Dash 8 Q 400 program and the de Havilland trademark to Longview Aviation. Earlier last year, Bombardier sold loss-making CSeries aircraft to Airbus with renamed A220.)

平成31年1月の中ロ両軍の我が国周辺における動向/Chinese and Russian Forces Movements Nearby Japanese Islands in January

16日Su-24 (22)

防衛省統合幕僚監部の1月分発表をまとめると;ーすなわち、ロシア軍の動きは、両国首脳会談等で協議中の北方4島返還交渉を牽制するためか、依然として活発な状態が続いている。中国軍は米中貿易戦争で防戦を強いられている影響か、我国への威嚇行動は、尖閣諸島海域での接続水域・領海侵犯は頻繁に繰り返しているものの、全体としてやや低調になっている。(According to the Ministry of Defense Joint Staff Japan, Chinese and Russian Forces movements surrounding the Japanese Islands were kept high as usual during January 2019. Four notable reports have been issued as follows.)

“アクテイブ・フロー・コントロール”操縦装置、無人機への適用研究が進む/Active Flow Control ‘Feasible’ for UCAV Flight

b4856c57-83b1-4d36-86e8-2d5d739a77a6

NATOは新しい操縦法「アクテイブ・フロー・コントロール(AFCl/吹出しコントロール)を、無尾翼無人攻撃機(UCAV)のフライト・コントロールに使う研究を進めている。“フルイデイック・フライト・コントロール(fluidic flight control/ジェット吹出し操縦システム)”とも呼ぶこの方法は、操縦舵面を使わずに空気流方向を変える「コアンダ効果」装置を使う方式。 (A NATO study of active flow control (AFC) for tailless unmanned combat air vehicles (UCAV) is feasible for flight control with increasing stealth. The AFC, also named as “fluidic flight control” an application of “Coanda Circulation Control” theory, changing the direction of wing trailing edge air flow without complicated control surfaces including flaps, elevons, spoilers.)

ボーイング、トラス・ウイング型旅客機の構想を発表 / Boeing revealed Truss-Braced-Wing Airliner Concept

TTBWコンセプト

ボーイングは1月に開催された米国航空宇宙学会(AIAA)の会議で、燃費の優れたトラス・ウイング型旅客機の構想を発表した。これは、ボーイング737級の大きさで、主翼は抵抗の少ない幅170 ft (約51 m)の後退翼、巡航速度はマッハ(Mach) 0.8 、これで一般のジェット旅客機と同じ速度になり、以前の「SUGAR」案よりも高速になる。Boeing announced swept-wing faster version Transonic Truss-Braced-Wing (TTBW) Airliner Concept refined from the “SUGAR” model at AIAA SeiTec Conference in San Diego. Boeing will start wind tunnel testing at NASA’s Aims and Langley facilities in 2019.

新防衛大綱は防衛力の抜本的強化を目指す

三沢基地F-35A

昨年12月18日、政府は新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」と平成31年度(2019)から5年間の「中期防衛力整備計画」、略称【31中期防】を閣議決定した。我国を取り巻く安全保障環境に対処するため、防衛力の抜本的な強化を進めることが決まった。ある意味で日本の防衛政策は歴史的転換点を迎えたと言って良い。すなわち、一部ではあるが戦後長く続いた米国依存から脱却し、自主防衛を進める意図が明確に記され、敵基地攻撃能力の整備にも一歩を踏み出した。The Defense Ministry’s Medium Term Defense Plane (2019-2023) issued on Dec. 18. The Plane calls drastically increase defense budgets and stepping into to establish the own defense capability against surrounding threat, from the long-continued U.S. coverage. The crucial item includes;- Purchasing 102 more F-35 Lightning II to total of 147 aircraft, including 45 of F-35B STOVL. Two helicopter carriers Izumo and Kaga will converted to operate F-35B. Setting two Aegis Ashore missile defense sites in west and north of Honshuu island. Getting multiple numbered 3,900 ton type multi-role frigate ship. And purchase standoff anti-ship and -land missile, such as AGM-158C LRASM.

12月の中国・ロシア両軍の我が国周辺での動向及び韓国海軍艦艇のレーダー照射事件

18012中ロ軍

12月は、日産ゴーン会長の逮捕、米中貿易摩擦などのニュースのためか、一般マスコミは中国、ロシア両軍の我国周辺での動きについて触れず仕舞い。しかし周辺の軍事的緊張は依然として高い水準で推移中。以下に、統合幕僚監部が発表した中露両軍の活動の9件と、岩屋防衛大臣が直接発表した“韓国艦艇のレーダーによる照射事件”について紹介する。
Due to the big news, including the Carlos Ghosn case, the US-China trade dispute, on Yearend, most of Japanese media does not pay attention among the military tension around our territorial zone brought from Russian and Chinese Forces. Which have been keeping higher level. Our Defense Ministry has reported there have been ten noticeable cases on December.

探査機「ニュー・ホライゾンズ」、元旦にカイパー・ベルトの小天体へ到着/New Horizons on Final Approach to Ultima at New Year’s Day

nh_orex_image_nhonly

冥王星探査機「ニュー・ホライゾンズ」は2015年7月に冥王星に最接近して探査を完了し飛行を継続、現在は「カイパー・ベルト天体」の一つ「アルテイマ・スーリー」に向けて飛行中である。そして到着予定は2019年(平成31年)元旦。New Horizons launched on Jan. 19, 2006; it swung past Jupiter for a gravity boost and scientific studies in February 2007, and conducted a flyby to Pluto and its moons in summer 2015, culminating with Pluto closest approach on July 14, 2015. As an extended mission, the spacecraft is to head farther into the Kuiper Belt to examine another of the ancient, icy worlds , namely “2014 MU69 Ultima Thule” at least a billion miles beyond Neptune’s orbit.