Author Archive for 松尾 芳郎

ボーイングの新中型機[NMA]の行方

fa-nma-maincolinthromawst

ボーイングは、検討中の次期新型機[NMA]について、従来言われてきた757 および767の更新という漠然とした目標ではなく、エアバスが昨年6月に発表した長距離路線用狭胴型機[A321 XLR]のマーケットを目標に絞り込む、と述べた。[A321 XLR]の市場が急速に拡大しつつあるからだ。(Boeing announces to be redirect and changing its next new airliner project to compete more directly with the long-range Airbus A321XLR rather than take on the broader 757-767 replacement market previously studied under the New Midmarket Airplane (NMA) project.)

来襲するミサイルやドローンを迎撃するレーザー兵器の開発

図:レーザーガン

米空軍ではこれまで迎撃ミサイルや対空射撃に頼る伝統的な迎撃システムの発想を転換し、今後5年以内に全く新しい迎撃システムの実用化を目指している。(The USAF wants to change the current air defense sytem such as Patriot PAC-3 and CIWS gun system, to the high power Laser system including SHIELD and ATHENA over next five years.

令和2年1月、我が国周辺における中露両軍の活動と令和元年度第3四半期までの緊急発進状況

Tu-154

統合幕僚監部が発表した令和2年1月における中国軍の我が国周辺における活動は僅か1件のみ、ロシア軍の活動は報道されていない。中国湖北省で発生した新型肺炎流行の対応に追われているためか、あるいは習近平訪日が近付いてきているためか、いずれにしても沈静化しているように見える。

「新型肺炎の流行 背後に社会の歪みが見えてくる」

img_03117d0823952c0916c562a28b2ff1972494059

本稿は木村良一氏の寄稿です。中国湖北省武漢市の病院が正体不明の肺炎を初めて確認したのが昨年12月8日。年が明けると、中国政府は1月9日に「新種のコロナウイルスを検出した」と公表し、19日からは国家衛生健康委員会が感染者数の発表を開始した。その時点で確認できた感染者はわずか計62人だった。それがいまや、武漢を中心にうなぎ上りに増え続けている。

ボーイング777 X が初飛行、これから証明取得の試験飛行へ

スクリーンショット 2020-01-28 14.07.44

悪天候で2日遅れたが、1月25日にボーイングは業績回復の期待を込めて開発した最新型の長距離広胴型機 777 Xの初飛行を行った。これからFAAの型式証明取得のための試験飛行が始まる。[777-9]型の1号機 [WH001]が工場に隣接する空港・ペイン・フィールドを午前10時9分に離陸。そして3時間51分の飛行の後、再びペイン・フィールドに着陸した。(After two days of delays due to bad weather Boeing’s 777X, the company’s new long range widebody jet, successfully completed its initial test flight on Jan. 25. The 777-9 took off Paine Field at 10:09 and landed back after 3 hr. 51 min. The plane marks the start of an intense certification campaign. The following is a news story based on the articles of The Seattle Times by Dominic Gates and Aviation Week Network by Guy Norris.)

ボーイング737 MAXの飛行再開は6月以降にずれ込む?

Boeing-737-MAX-8-759x500

ボーイングは1月21日に「現在飛行停止中の737 MAXの飛行再開は、予想から3ヶ月遅れ今年中頃になる」と発表した。飛行停止は今回の発表で15ヶ月以上になる。続けて「737 MAXの顧客、部品供給のサプライヤー、一般の航空機利用客、に多大の迷惑をかけていることをお詫びする」と述べた。(Boeing now projects the 737 MAX won’t get FAA clearance to fly until midyear, about three months further out than previously expected, in a delay that could stretch the plane’s grounding to more than 15 months. Boeing says “We acknowledge and regret the continued difficulties that the grounding of the 737 MAX has presented to our customers, our regulators, our suppliers and the flying public.”)

NASAの航空機搭載赤外線宇宙望遠鏡 [SOFIA]、銀河中心部を撮影

sofiaoversierra

[SOFIA] は、旅客機747SPを成層圏赤外線天文台)」に改造したもので、2007年末から成層圏を飛行しながら赤外線望遠鏡で天体を観測している。搭載する望遠鏡は口径2.7 m の反射望遠鏡。(The SOFIA flying telescope has captured a new panoramic image of the center of our galaxy, the Milky Way. The image shows a region more than 600 light-years across, revealing unprecedented details within the center’s dense of gas and dust.)

2019年における民間航空の話題

デルタa220

エビエーション・ウイーク誌のグラハム・ワーウイック 氏が同誌AsiaDigest上で選んだ2019年における民間航空業界の話題を紹介する。エアバスA220の米国内線就航から737MAXの飛行停止、エアバスA380の生産終了など12件。同氏は航空宇宙、防衛に関わる重要記事を統括する立場にあり自らも作成し、関係する技術・学術に精通し、主筆とも言うべき存在。(Aviation Week’s Graham Warwick has selected the main events in commercial aviation in 2019, from the Airbus A220’s U.S. debut to the Boeing 737 MAX grounding and the end of the Airbus A380. Graham leads the Aviation Week covering the all fields of aviation, aerospace and defense, with unparalleled engineering and technological knowledges. )

救急隊の「蘇生中止」「搬送取り止め」を問う

本稿は木村良一氏の寄稿です。この寒さで高齢の男性が持病を悪化させ、風呂場で倒れて意識を失った。救急車が駆け付け、救急隊員が心臓マッサージを実施し、AED(自動体外式除細動器)を使って電気ショックを加える。心肺蘇生だ。その様子を見ていた男性の妻が「気が動転して救急車を呼んでしまいました。手当はもういりません。このまま死なせてやってくれませんか」と話し出した。

令和元年12月、中露両軍の我が国周辺での活動

12-16 ルーヤンIII 155

令和元年12月、我が国周辺での中露両軍の活動は依然続いている。統合幕僚監部が公表したのは次の4件。別に注目すべきニュースとして、「尖閣諸島周辺での中国海警局艦艇の活動が活発化」および「12月末にロシア・イラン・中国3ヶ国海軍が中東オーマン湾で合同演習を実施」の2つがあるので追加する。(According to the Japan’s MOD Joint Stuff, Russian and Chinese Forces movement around the Japanese Islands were kept active during December, 2019. Four reports have released. In addition, Chinese Coastguard warships penetrates Japan’s territorial water space around Senkaku-islands repeatedly, and Chinese, Russian and Iranian conducted a four-day naval exercise in the Gulf of Oman.)