スペースX、通信衛星60基の打ち上げに成功、しかしブースター着地に失敗・海上で回収

Starlink-Satellite-Launch

スペースXは2月17日に、ケープカナベラル空軍基地第40号宇宙発射施設 から5回目となるスターリンク通信衛星を打上げた。打上げた衛星は60基、これで300基の衛星を軌道に乗せることに成功し、スペースXは世界最大の商用通信衛星運用会社となった。 (Starlink is a satellite constellation being constructed by SpaceX company to provide faster internet services. The constellation will consist of thousands of small satellite, working together with ground transceivers. SpaceX has successfully launched 60 of satellites on Feb. 17, fifth launch by Falcon 9 from SLC-40 of U.S. Air Force station at Cape Canaveral.)

NASA・ボーイング共同研究の将来型旅客機[TTBW]、風洞試験で性能を検証

TTBWフェイズ4

[TTBW]は、支柱で支える高アスペクト比の細長い薄い主翼の航空機。翼幅は51 m、同じ座席数の737-800型機の36 mよりずっと長い。地上では737と同じゲートを使えるよう支柱の外側で翼を折り曲げる。[TTBW]の最新版・フェイズ4では翼の後退角を増やし、巡航速度を現在のジェット旅客機と同じマッハ0.8で飛行する。当初案はマッハ0.70 – 0.75であった。(The TTBW has a high aspect-ratio wing for low drag, supported by a strut to minimize the structural weight of the long thin wing. The aircraft span is 170 ft, compared with 118 ft for similar size 737-800 airliner. This requires the wing to fold on the ground, outboard of the struts, to fit the same gates. The latest version of the TTBW, Phase 4, has increased wing sweep to cruise at the Mach 0.8.)

ボーイングの新中型機[NMA]の行方

fa-nma-maincolinthromawst

ボーイングは、検討中の次期新型機[NMA]について、従来言われてきた757 および767の更新という漠然とした目標ではなく、エアバスが昨年6月に発表した長距離路線用狭胴型機[A321 XLR]のマーケットを目標に絞り込む、と述べた。[A321 XLR]の市場が急速に拡大しつつあるからだ。(Boeing announces to be redirect and changing its next new airliner project to compete more directly with the long-range Airbus A321XLR rather than take on the broader 757-767 replacement market previously studied under the New Midmarket Airplane (NMA) project.)

来襲するミサイルやドローンを迎撃するレーザー兵器の開発

図:レーザーガン

米空軍ではこれまで迎撃ミサイルや対空射撃に頼る伝統的な迎撃システムの発想を転換し、今後5年以内に全く新しい迎撃システムの実用化を目指している。(The USAF wants to change the current air defense sytem such as Patriot PAC-3 and CIWS gun system, to the high power Laser system including SHIELD and ATHENA over next five years.

令和2年1月、我が国周辺における中露両軍の活動と令和元年度第3四半期までの緊急発進状況

Tu-154

統合幕僚監部が発表した令和2年1月における中国軍の我が国周辺における活動は僅か1件のみ、ロシア軍の活動は報道されていない。中国湖北省で発生した新型肺炎流行の対応に追われているためか、あるいは習近平訪日が近付いてきているためか、いずれにしても沈静化しているように見える。

「新型肺炎の流行 背後に社会の歪みが見えてくる」

img_03117d0823952c0916c562a28b2ff1972494059

本稿は木村良一氏の寄稿です。中国湖北省武漢市の病院が正体不明の肺炎を初めて確認したのが昨年12月8日。年が明けると、中国政府は1月9日に「新種のコロナウイルスを検出した」と公表し、19日からは国家衛生健康委員会が感染者数の発表を開始した。その時点で確認できた感染者はわずか計62人だった。それがいまや、武漢を中心にうなぎ上りに増え続けている。