露・電子偵察機、日本海側から中国地方に接近。空自、スクランブル

防衛省統合幕僚監部は10月28日、露・海軍電子偵察機が日本海側から中国地方に接近したのを受け、要撃戦闘機でスクランブル(緊急発進)したと公表した、去る、10月12日に同種の機体で、同一ルートの飛行がスクランブル機に確認された。露側の電子偵察のターゲット等、意図の分析を急ぐ。

著しいマニュアル化の弊害

 大手銀行の一角を占めるみずほ銀行の系列信販会社、オリコを通じての230件、計2億円の暴力団融資事件は、「まだ懲りずに不祥事を繰り返しているのか」と唖然とした消費者が大半だろう。佐藤康博・現頭取までが、役員会で報告は受けていた、というから始末に負えない話となった。

爆撃機など中国軍機4機、3日連続南西諸島接近。西太平洋往復飛行

防衛省統合幕僚監部は10月27日夜、爆撃機など中国空軍機4機の南西諸島接近に対応し、要撃戦闘機F-15『イーグル』がスクランブル(緊急発進)したと発表した。飛行ルートは25日以来の同種飛行とほぼ重なり、編成も同一だった。中国側の行動が、この先エスカレートするか否かは予断を許さない。

中国空軍爆撃機など4機、南西諸島接近で、空自スクランブル

中国空軍の戦略爆撃機編隊を含む4機が10月26日、南西諸島に接近。宮古島ー沖縄本島間の第一列島線を2日連続横断、西太平洋への往復飛行をした。航空自衛隊は要撃戦闘機を緊急発進させ、警戒監視に当たった。『過去の事例から機動演習を繰り返した後、武力行使に踏みきったケースがある』(在京国際軍事筋)。防衛省統合幕僚監部は、中国空軍のこのところの動静に細心の注意を払い、警戒監視態勢を強化している。

 野党がこれほど無力なときはない

民主政治の発展には健全な野党が必要である。野党には、政府与党の施政をチェックし、対案を出し、次期国政選挙での選択肢を示す責任がある。その野党が無力な今日である。「野党がこれほど無力な時はないね」「永田町、自民党にあらずば人にあらず、になってますな」「しかも3年近く国政選挙は無いでしょう。この状態が続くんです」。自民党のベテランの言である。