Tag Archive for 三菱MRJ、

三菱MRJ、小型のMRJ70を米国市場に投入、優位を目指す

IMG_2839 - Mesa

三菱MRJの近況について、我が国メデイアでは悲観的見方が多いが、米国航空専門誌では5度目の開発延期決定以来、体制立て直しが進みMRJ90は改定スケジュール通り2020年に就航、さらに小型のMRJ70の開発が決定しこちらは1年遅れの2021年には姿を表すと、報じている。今年夏のファンボロー・ショウではMRJとして初めてのデモ飛行が行われる。

三菱MRJの最新情報、性能はスペック値を超えそう

05_o

開発が遅れている三菱MRJだが、性能は予想よりも良くなりそうだ。空力設計とエンジン性能が予想通りで、今後の細部の改良でさらに良くなる見込みと云う。

2月6日から11日の間シンガポールで開かれた航空ショーで三菱航空機福原営業本部副本部長が記者会見で語った内容を、近着のAviation Week誌 電子版 が、2018-02-13付けで報じた。その内容を中心にして紹介する。

三菱MRJ、設計変更後の2機は2018年末までに完成

組立工場

周知のように三菱MRJは1年前に設計の一部を変更したため、初号機のANAへの引渡しが2020年中頃に変更されている。現在4機がFAA証明取得のため飛行を続けており、5号機が名古屋で地上試験中である。さらに2機が今年2018年末までに完成するが、これらは設計変更をした機体で、量産型に最も近い形になる。

三菱MRJ、試験飛行中にP&W GTFエンジンが停止、緊急着陸

ver2

三菱航空機は、8月21日に発生した試験飛行中のMRJリージョナル機のエンジン故障“フレームアウト(flameout)”を受け、MRJの試験飛行を一時中断した。三菱によると、2号機”FTA-2”の左エンジンP&W製PW1200Gが飛行中に停止した。どのような試験を行なっている際に“フレームアウト”したかは明らかにされていないが、オレゴン州ポートランドの西170 kmの太平洋上に設定された訓練空域を飛行中に発生し、パイロットは直ちに左エンジンを停止した。

三菱MRJ90、米国で試験飛行開始、2018年ANA引渡し予定は堅持

%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%82%b9%e5%88%b0%e7%9d%80%e3%81%aemrj

10月3日午前、三菱航空機は親会社の三菱重工業とともに「現時点で納期変更を決定した事実はない」との声明を発表。
さらに10月14日「2016年国際航空宇宙展」で、森本浩道三菱航空機社長は「MRJの2018年納入計画は堅持する」と述べ、この発表を再確認した。

三菱MRJ、量産体制は予定通り進行中

南アルプスを背景

三菱航空機によると、顧客への引渡し1号機の組立ては、今年(2016)後半から開始される、そのための細部部品の生産は1年以上前から始まっている。昨年末に改定された量産初号機の納入時期は、2017年第2四半期から1年程度延期し、2018年第2四半期に変更された。これに向けて全体の生産スケジュールが再調整された。