Monthly Archives: 7月 2014

紛争地域上空飛行の"死角"。マレーシア航空に非無し(No7:MH17便撃墜事件)

SGPhotos

紛争地域上空を飛行した事も悲劇の背景の一つとの指摘に、マレーシア航空は管制当局の承認を得た高度、ルートを遵守。露側から出る指摘を撥ね付けた。マレーシア航空に非無しが航空界共通の認識だ。

ボーイング、『ファーンボロー国際航空ショー』を総括。201機(402億㌦)の成約

K66137-03_med

ボーイング、『ファーンボロー国祭航空ショー』の成約を総括。B777-9X型、50機など201機、402億㌦の契約獲得。同社、参加40周年の節目だったが、ウクライナ上空での、マレーシア航空、B777型機撃墜事件が雰囲気の盛り上がりに水を差した。

復活したイースタン航空、三菱MRJ「確定20機+オプション20機」購入の覚書を締結

三菱航空機提供

マイアミに本拠を置く新規航空会社「イースタン航空グループ」は、今年のファンボロー航空ショーで、三菱航空機との間で、MRJ90型機を確定20機プラス発注権利付き20機、を注文する覚書(MOU=memorandum of understanding)を取り交わした。(2014-07-14)

マレーシア航空、B777-200型機撃墜事件の最終搭乗者リスト公表。全体の65%がオランダ国籍(No.6:MH17便撃墜事件)

マレーシア航空、B777型機撃墜事件の犠牲者中、65%占めたオランダ国籍の乗客。悲しみが”正義の裁き”を求める怒りの日が来る。プーチン政権の今後の動静や如何。

インターネットがもたらした航空事故報道の革命(No.5:MH17便撃墜事件)

MAS17-1

航空事故の報道で革命が起きつつある。インターネットがもたらした技術成果の一つだ。世界の航空機の運航情報をリアルタイムでパソコン、スマートフォンでキャッチできる。『Flight Radar 24』、『Flight Aware』が話題のサイト。TV、新聞は巻き返し可能か?

『ブラック・ボックス』は何処に?(No4:MH17便撃墜事件)

honeywell_black_box_infographic

マレーシア航空、B777型機撃墜事件の真相究明で、欧米vs.露の謀略戦が始った。『ブラック・ボックス』の所在がいずれの側にあるか不透明だ。1983年サハリン上空での大韓航空、B747型機撃墜事件直後、『ブラック・ボックス』争奪での米ソの攻防が再現するか。

日本国憲法の改正を急げ ―ポスト集団的自衛権の最大課題

安倍内閣は7月1日の閣議で、集団的自衛権に関する憲法解釈を是正する決定をした。尖閣諸島等をめぐり、事態は切迫しているが、日本国憲法の改正に時間がかかるがゆえの緊急避難措置である。他国は、憲法に国軍の存在を明記しているので、集団的自衛権をめぐるこんな神学論争はない。

マレーシア航空B777型機墜落は、地対空ミサイル『ブーク(BUK)が撃墜。親露反政府組織が関与(No2:MH17便撃墜事故)

shutterstock_74612860-650x433

マレーシア航空のB777-200型機の墜落は地対空ミサイル『ブーク(BUK)』が撃墜したのが確実となった。ポロシェンコ・ウクライナ大統領は親露反政府組織犯行と示唆した。同ミサイルは露側が供与した兵器。