Monthly Archives: 7月 2014

乗客乗員116人搭乗のアルジェリア航空、MD83型機の残骸、発見。マリ共和国の砂漠地帯で(No2:アルジェリア航空機事故)

1090

乗客乗員116人を乗せ消息を絶ったアルジェリア航空のマクダネル・ダグラスMD83型機の残骸がマリ共和国の砂漠地帯で見つかった。捜索活動中の仏空軍ミラージュ戦闘機が7月24日午後、確認した。現場の状況から全員の死亡が確実視される。フランス国籍の乗客50人が含まれる。

アルジェリア航空のMD-83型双発ジェット機が、アフリカ中西部で消息を絶つ。乗客乗員116人の安否不明。(No1:アルジェリア航空機事故)

アルジェリア航空のマクダネル・ダグラスMD83双発旅客機が西アフリカ上空で7月24日未明、消息を絶った。乗客乗員116人が搭乗。ブルキナファソ共和国からアルジェへ飛行中だった。飛行経路中間のマリ共和国で遭難したらしい。過去1週間で3件目の重大民間機事故だ。

MH17便撃墜、ロシア供与のBukミサイルを使い親露派軍が実行?

市街地のBukミサイル

英国のフィナンシャル・タイムス(FT)は、3台のBuk M1がロシアからウクライナ東部に持ち込まれ、親露派グループに引渡された明確な証拠があると報じた。1台はスコドルスク(Sukhodolsk)近くで7月17日午前1時までにウクライナ東部に搬入され、他の2台はロシアが占領したクリミア(Crimea)半島に持ち込まれた、と報じた。

親露派反政府組織、ウクライナ東部で空軍機2機を撃墜。米国軍事顧問団を数週間以内にウクライナに派遣。(No13:MH17便撃墜事件)

25ugt

ウクライナ空軍の地上攻撃機スホーイSu25機2機がウクライナ東部で撃墜された。地対空ミサイルの餌食となった。高度、約5,200㍍付近で撃ち落とされたいう。到達高度から複雑な操作探知が必要で、携帯型でなく、本格的な高性能の地対空ミサイルが犯人。

マレーシア航空機ブラックボックス解読作業に2日間。結果は国際調査チーム代表の蘭へ(No12:MH17便撃墜事件)

enregistreur_01.en_

撃墜されたマレーシア航空機のブラックボックス解読作業がロンドン郊外・ファーンボローの英国航空機事故調査局(UK AAIB)の研究施設で始った。2日間でデータの取り出しが可能。FDR(飛行記録計)、CVR(音声記録計)が何を語るか。