Monthly Archives: 7月 2014

巡航ミサイル監視、追跡用無人飛行船「JLENS」の行方

RTNs-JLENS-at-UTTR_L

係留気球から敵軍の状況を偵察しようと云う試みは、220年前のフランス革命で初めて行われた。その後、日露戦争の旅順攻略戦でも港内に停泊するロシア艦隊を日本軍が気球で監視した、と伝えられる。このアイデアが、巡航ミサイル迎撃の手段として再登場、

空自の次期主力輸送機「C-2」量産化は28年度末。強度不足で改修に更に2年を要す。

xc-22

航空自衛隊の次期主力輸送機、C-2型の量産が大幅に遅れる。後部胴体の構造強度に重大な欠陥が判明、該当部分の改修などで実戦配備用の機体完成は、平成28年度末迄、延期が正式決定した。

米海軍、次世代対潜哨戒・情報収集機『P8A(ポセイドン)』14機目受領。嘉手納に続き第二の飛行中隊、近く誕生。

20140702 P8 YP 22 Take off Flyaway Seattle

米海軍が次世代対潜哨戒・情報収集機、P8A『ポセイドン』の二番目の飛行中隊を近く編成する。海洋進出が著しい中国への牽制と海軍力増強に乗り出したロシアの動きをチェックする体制作りに他ならない。七つの海での力の均衡を変更する動きを阻止するペンタゴンの姿勢だ。

エアバスの次世代省エネ狭胴機、A320neo型が工場からロールアウト

800x600_1404206906_A320_NEO_REVEAL-

エアバスが次世代省エネ、ナロー・ボディ機として開発中のA320neoが7月1日、工場の最終組み立てラインからロールアウトした。ライバル機のB737MAXシリーズに受注競争で大差をつけ市場のチャンピオン目指す。

代理出産、人工授精、体外受精・・・。生殖医療の議論から逃げるな

代理出産

科学や医学の進歩によって法律が想定しない事態が次々と起きて法整備が追いつかない。どうルール作りを進め、高度な技術を活用したらいいのだろうか。最近、こんな思いを強くしている。

 たとえば遺伝子を特定するDNA鑑定。これによって血縁関係のないことが明らかになった場合、法律上の父子関係を取り消せるのかどうかが、2つの裁判で争われている。