Author Archive for 松尾 芳郎

中国の民間旅客機市場、向こう20年間で3倍に成長

ボーイング社は9月5日、最新の中国民間旅客機市場の向こう20年間の最新予測を公表した。北京で同社、旅客機開発担当最高責任者のスコット・ファンチャー副社長が記者会見で明らかにした。それによると中国市場は5,580機の新規需要(7,800億ドル相当)が予測され、現在の3倍の規模に膨らむと見る。米国市場を抜き、中国が単独市場として世界NO1に踊り出るという。

東地中海、波高し。米露の艦隊集結で冷戦時代彷彿

米国を中心に化学兵器使用に対するシリア・アサド政権への武力制裁の動きが確実視される中で、東地中海にロシアが艦隊を集結させ対決の姿勢を鮮明にし始めた。既に展開中の艦隊に加え露海軍が数隻の援軍を急派しているとノーボスチ通信は伝え米露が直接対決する場面も懸念されだした。

エアバス旅客機40機、世界第2位のデルタ航空が発注

800x600_1378292948_A321_Delta_Sharklets_2

デルタ航空、エアバスは9月4日、広胴旅客機A-330型10機を含む40機の確定発注で合意したと公表した。デルタ航空は、経年機体の更新に取り組み中で、今後、エアバス製旅客機の導入が急増しそうだ。ノースウェスト航空と合併後、新生デルタ航空がエアバス機導入を決定したのはこれが初めて。土壇場まで売り込みで激戦を続けてきたライバル、ボーイング社の衝撃は大。次世代旅客機B787『ドリームライナー』の運航トラブル問題で株主からジェームス・マクナーニ会長の指導力に不満と批判が寄せられた経緯がある。デルタ航空をめぐる売り込み敗退でボ社首脳陣への批判が再燃するかもしれない。

スホーイ・スーパージェット100、メキシコに引渡し開始

SSJメキシコに着陸

Su-34や最新のT-50 PAK FAなどの戦闘機開発でロシア空軍を支えるスホーイ(Sukhoi)社は良く知られている。しかしその子会社スホーイ民間航空機(SCAC)が、2000年から100席クラスのリージョナル機を開発していることは、日本では余り話題にされていない。

スホーイ・スーパージェット100と呼ばれるこの機体は操縦系統にフライバイワイヤ(fly-by-wire)を採用し、欧米の技術を多く取入れ、西側への拡販を目指している。すでにロシア国内で数社に採用され、ラオスとインドネシアにも引渡しが始まっている。先月行なわれたメキシコのLCC(low cost carrier)インタージェット(intejet)社への2機の引渡しは、本格的な西側進出の始まりとして関係者の注目を集めている。

日本の次世代戦闘機F-3は実現するか?

心神下面

これは、2013-09-02掲載の「先進技術実証機[ATD-X](心神)から次世代戦闘機[F-3]へ」を補完するため、2012-11-12に他ブログに掲載した「日本の次世代戦闘機F−3は実現するか?」を転載したものである。

防衛省が平成22年(2010年)8月発表した「将来の戦闘機に関する研究開発ビジョン」およびAviation Week/Oct. 22. 2012, Page 24~記載「GenerationF-X」などを参考にして、世間で「F-3」と呼んでいる次世代戦闘機構想を紹介する。

先進技術実証機[ATD-X](心神)の組立て始まる

心神鋲打ち

これは、2013-09-02掲載の「先進技術実証機[ATD-X](心神)から次世代戦闘機[F-3]へ」を補完するため、2012-04-16他ブログに掲載した表題解説「先進技術実証機[ATD-X](心神)の組立始まる」を転写したものである。
三菱重工業では3月26日、防衛省から受注した“先進技術実証機/ATD-X/心神”の構造試験供試用機体の組立てを開始した。”心神”は防衛省技術研究本部で2000年に研究が始まった構想で、2009年度からは三菱重工等と協力して本格的な研究開発が開始された。これで高いステルス性と高機動性を備えた実証機を製作する。今回の鋲打ち式で作る機体は実物大の構造試験供試用機体だが、続いて飛行試験用機体を製作し2014年9月に初飛行を予定している。その後2016年の開発完了まで2年間の飛行試験を行ない、その成果を将来戦闘機の開発に繋げたいとしている。

先進技術実証機[ATD-X](心神)から次世代戦闘機[F-3]へ、

ATD-Xレーダー模型

防衛省技術研究本部[TRDI]が三菱重工と契約して開発中の「先進技術実証機[ATD-X](心神)」は、2014~15年(平成26~27)の初飛行を目指して準備が進んでいる。[ATD-X]はその後2年間試験を続け、先進技術の成果を見極めて計画を終了する。防衛省・[TRDI]は、これで得た技術を基にして2016~17年より次世代戦闘機[F-3]の開発をスタート、2025年に初飛行、2027年頃からの量産開始を目論んでいる。

[ATD-X](心神)については、ブログ「世界の大学ニュース、志望校を知ろう、母校を応援しよう」内の「大学生のための現代教養講座」に次ぎの記事を掲載済み。

* 2012-04-16掲載「先進技術実証機“心神”の組立て始まる」

* 2012-11-12掲載「日本の次世代戦闘機F-3 は実現するか?」

E2C『ホークアイ』後継機の選定始まる

??????????????????????

尖閣など南西諸島での防空能力強化を目指す防衛省は、空中からの警戒監視能力の向上で就役から30年以上が経過するE2C『ホークアイ』の後継機選定に乗り出す。平成26年度予算の概算要求で新鋭機導入に向けた運用等技術面の検討開始を盛り込んだ。平成27年度予算では早期警戒機、新機種導入経費を盛り込む計画。有力候補機としてE-767 AWACS、737AEW&C、E2D『ADVホークアイ』の3機種が浮かんでいる。

安倍晋三の官僚人事 

 安倍晋三が首相に復帰してからの、彼はこれまでに二つの目玉人事を行った。第一はバブル崩壊以降四半世紀近く続いているデフレ経済脱却のために、デフレ容認論者の白川方明日銀総裁の首を切り、黒田東彦に挿げ替えたことである。この人事は見事に奏功。円高で苦しんでいた我が国の輸出産業は、日銀の金融緩和宣言による円安で息を吹き返した。もう一つの目玉人事は、集団自衛権を巡る憲法解釈で、思考停止、旧例墨守しか頭にない山本庸幸内閣法制局長官を更迭し、駐仏大使をしていた小松一郎を後任に据えたことである。

三菱MRJ、引渡し開始2017年に延期

三菱MRJ

8月22日三菱航空機は、MRJの初飛行予定を2013年9月から2015年6月に、また、初号機の納入予定を2015年後半から2017年第2四半期に、それぞれ約1年半延期すると発表した。MRJは2008年4月に開発を開始、2013年末に引渡しの予定だったが、今回の発表で、開発スタートから就航まで9年かかることになる。