Monthly Archives: 1月 2014

ソーラー・インパルス、2015年の世界一周飛行を目指す

Solar_Impulse_Wing

ソーラー・インパルスは、米大陸横断に成功した”HB-SIA”を改良して大型化した登録記号”HB-SIB”機を製作中で、これを使い2015年に世界一周飛行を行なおうとしている。コクピット内の装備は、乗員が最大5日間の継続飛行に耐えられるよう作られている。

増強著しい中国空軍(その3)

1*SjmQShsYqeT-lpoMQ3Griw

この3年間で中国空軍に出現したのは、2種類のステルス戦闘機の原型機、長距離用大型輸送機、攻撃ヘリ、AWACS早期警戒管制機、電子戦偵察機など多数ある。これは他の諸国の航空機開発を遥かに上回るハイペースで、外国の脅威の的となっている。

平成26年の日本政治の展望(その3)

安倍晋三内閣発足から1年が経過した。アベノミクスであらゆる経済指標は改善し、日経平均も1年あまりで約2倍になり、昨年末には1万6千円を超えた。特定秘密保護法案なども成立させるなど懸案を次々に処理している。しかも、一部マスメディアの攻撃にもかかわらず、内閣支持率は56.8%、自民党支持率は37.4%(1月25日の産経新聞)と高値安定である。

増強著しい中国空軍(その2)

Su-27K同士の給油

中国海軍は空母「遼寧(Liaoning)」を漸く完成させたが、それに搭載する戦闘機[J-15]には航続距離を伸ばすための空中給油装置が必要である。
昨年初飛行したY-20大型輸送機は開発中の新エンジンの完成でやっと本来の性能を発揮できる。