社会

親露派反政府組織、ブラック・ボックスをマレーシア航空へ引き渡し完了。最終的にはICAOへ(No.10:MH17便撃墜事件)

マレーシア航空、B777型機撃墜事件で、真相解明の鍵を握る『ブラック・ボックス』がマレーシア側に公式に引き渡された。最終的に、ICAO(国際民間航空機関)へ引き渡す事が条件。マレーシアのナジーブ・ラザク首相の現地入り交渉で実現。

ウクライナ空軍機、謎の"雁行飛行"。露国防省反撃で始った"謀略情報戦"(No9.MH17便撃墜事件)

shoygu-new_170

マレーシア航空、B777型機撃墜事件で欧米vs.露の”謀略情報戦”が始まった。露国防相が、撃墜事件当時、”謎の雁行飛行”のウクライナ空軍機の存在を暴露、現場近くで作戦行動中の同軍、地対空ミサイル『プーク』と連動のレーダー探知の事実を示した。国際世論の包囲網を砕く、プーチン政権の非常手段か?

インターネットがもたらした航空事故報道の革命(No.5:MH17便撃墜事件)

MAS17-1

航空事故の報道で革命が起きつつある。インターネットがもたらした技術成果の一つだ。世界の航空機の運航情報をリアルタイムでパソコン、スマートフォンでキャッチできる。『Flight Radar 24』、『Flight Aware』が話題のサイト。TV、新聞は巻き返し可能か?

モスクワ地下鉄脱線事故で162人が死傷。史上2番目の事故

8a09e5768b7c3def

モスクワ地下鉄で7月15日、朝のラッシュ時に列車(6両編成)が脱線、車体の大半が連結部付近でくの字になって停車した。この事故で、『乗客22人が死亡、160人が重軽傷を負った』(7月16日、早朝時点)。入院中の乗客には重体も少なくなさそうで犠牲者数が増える可能もある。

代理出産、人工授精、体外受精・・・。生殖医療の議論から逃げるな

代理出産

科学や医学の進歩によって法律が想定しない事態が次々と起きて法整備が追いつかない。どうルール作りを進め、高度な技術を活用したらいいのだろうか。最近、こんな思いを強くしている。

 たとえば遺伝子を特定するDNA鑑定。これによって血縁関係のないことが明らかになった場合、法律上の父子関係を取り消せるのかどうかが、2つの裁判で争われている。

STAP細胞問題 社会常識の欠如が生んだ病だ

東京療院・医療シンポジウム

何がSTAP(スタップ)細胞の論文不正問題を引き起こしたのだろうか。背後に潜んでいるものは何なのか。新聞やテレビは研究費獲得のための行き過ぎた成果主義や、研究者に対する倫理教育の欠如などを指摘している。